漁業調査指導船「やしお」が「シップ・オブ・ザ・イヤー2019」の部門賞を受賞

漁業調査指導船「やしお」が「シップ・オブ・ザ・イヤー2019」の部門賞を受賞

公益社団法人 日本船舶海洋工学会が主催する「シップ・オブ・ザ・イヤー2019」(令和2年7月29日発表)で、島しょ農林水産総合センターの漁業調査指導船「やしお」(2019年2月竣工)が「漁船・調査船の部」で部門賞を受賞しました。

【評価ポイント】

  • 荒天時の海洋調査にも対応できるよう、船型やエンジン、調査機器類の設置位置等に工夫を凝らし、船体安定性を向上
  • 船内システムの遠隔更新や観測データの漁業者への発信など、今後の漁業調査船の先駆となる「スマート船」

【船の概要】

漁業調査指導船「やしお」
  • 竣工 平成31年2月
  • 最大搭載人員 12名
    (船員7名、研究員等5名)
  • 全長 44.69m  総トン数 117トン
  • 速力 15ノット  主機関 1,471kw
  • 建造会社 井筒造船所株式会社
  • 伊豆諸島各島周辺の主要漁場等で、資源変動調査や漁業取締を実施
  • ※ 詳しくは、公益財団法人日本船舶海洋工学会のホームページをご覧ください
    HPアドレス http://www.jasnaoe.or.jp/soy/

このカテゴリー内の他のページ